投稿

4月, 2003の投稿を表示しています

自然の恵み

イメージ
今日は「自然」にまつわるお話です。
私の部屋は「眺めのいい部屋」とは言えません。緑ひとつない家々の屋根と
ビルのコンクリート、夜になると遠く新宿/都庁のビル群が相も変わらず
健在しているだけです。



長い間、壁に掛け放しの絵画は誰も見なくなるように、
眺めるものにも「今」の変化が必要です。

常に生活や精神と共に変化し続ける「象徴」
として、誰にでも共通する一つは、「自然」
(と芸術)ですね。
日本にとって四季の変化はすばらしい財産ですが、
その存在を、窓を額としたフレームを通じて、理解し
そして体感できたら…

私の説明しがたい『「もの」足り無さ』も少しは解消されるでしょう。

しかし簡単に窓の絵画を変える事は出来ませんから、せめて移り変わってゆく
自然の一部を、テーブルの上に咲かせて、暫くはその存在を楽しみたいと思います。