投稿

5月, 1999の投稿を表示しています

私の力作

イメージ
今日は以前私が大工さんになって制作した
ポストカード入れを紹介します。
こちらは高さ1m、重さ15kg程もある木製の回転家具です。

少々本格的すぎ?と思える程律儀に凝った作品です。
ただのポストカード置きだけではなく、1面の扉を
開けると中には4段の棚が備わっていて、上の蓋を
開けても物が入るようにしてあります。
側面にはポストカード用の小棚が計20個付いていて、
針金がカードを固定。
色はビビットなオレンジのカラースプレーで、木目を
生かしながらうっすらかけて。

以前は引っ越しが多かった私、その度にこのポスト
カード入れには悩まされます。
持つ所だけは考えていなくって。

画材店にて

今日は、新作の原物(型作りの前段階)
を制作する為に、粘土を探しに画材店へ。

粘土といっても、馴染みのある
緑色の油粘土ではなく、固まる粘土。
店頭には種類も豊富で悩みます。

「乾くと3分の1の重さになる粘土」や
「固まると硬質になって傷が付かない樹脂粘土」、
「固まっても大きさが変わらない粘土」、
「色数豊富な粘土」、
「手が汚れないシルクのような粘土」など
種々多様な個性を持つ粘土達がざっと20種類程。

悩んだ挙げ句が、「軽い」(が一番!)粘土。
悩まされる分、結論が単純になる傾向が。

また同じフロアで売っていたクレヨンも然り。
沢山種類があって、お馴染みの12色クレヨンから
300円の本格的なフランス製ものまで。

目を引いたのは、シルバーや
ゴールドの入ったクレヨン。
名前もGoldPink…SilverBlue…とセクシーゴージャス。
もうクレヨンも幼稚園児だけの道具ではない。
作品づくりに悩んだらまず、
「まずは」的な発想で、画材店へいくのもいい。