投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

自慢してほしいこと

イメージ
娘の秋用マフラーが、ようやく完成した。
今年の夏は、このマフラーを四六時中編み、
僅かな時間でも、サッと取り出して編み進めた。

電車の中でも編んでいると、
小学生から70、80代の女性の方々まで、
珍しそうに眺めるその目の奥には、
懐かしさや羨む気持ちもあるのだろうか。
日本人には、ひた向きにものをつくる潜在能力があり、
私の編む姿を見て、それを思い出して欲しいとでも言いたげに、
私は、あらゆるところで編んだ。

そして、眺められるたびに確かに感じたことは、
時間をかけてものをつくることをやめてしまった方が、
「これ、どこそれで買ったのよ」と言うよりも
「これ、私が作ったのよ」と言えたほうが、
比較にならないほど輝いてみえるし、
おおいに自慢する価値があるということ。