投稿

11月, 2010の投稿を表示しています

速水御舟「炎舞」

漸く巡り会えた 炎と蛾を描いた「炎舞」
噂ほど 輝いてはみえないし
思ったほど 写実でもない
耳を澄ましても 31歳だった作者の言葉は聞こえてこない

ただひたすらに そして丁寧に 二つの生を描いた画

けれど この感動はなんだろう
説明のつかない静かで体全体を包み込む音が流れ
その音をずっと そして何度も聞きたくなる

作者がこの画について 語っていないのだから
感じるしかない この体で

山種美術館
http://www.yamatane-museum.or.jp/index.html