投稿

12月, 2011の投稿を表示しています

クリスマス・バースディー

イメージ
私の娘が、12月25日で4歳の誕生日を迎えました。
いちご4つが乗ったクリスマスケーキを食べ終えたら…



リビングで静かなピアノ・ジャズをかけて、オレンジ色の灯りを楽しむ



今年の演出は、いつものキャンドルホルダーに、
私の手作りキャンドルを組み合わせた速攻的簡易な演出でした。
時間が無い準備だと、こんな有り合わせ程度です…
娘が辛口批評家になる歳迄に、もう少し華やかに拘りたい。


パッケージづくり4

イメージ
長らく注文を受け付けてはいませんが、
例外で、納期を伸ばして頂ける場合や、商品を私にお任せ頂ける場合は
承けさせて頂いています。
そして今日は、3週間近く前にご注文頂いた方へ、
完成品のラッピングにとりかかっています。





随分前に考案し制作し続けている、
とても人気のあるカヌレキャンドルです。
ラベルは当時作成したままのデザインを使用します。
リボンも当時のまま。色も太さも、その仕方も。
過去の私は、未来の私からダメだしのしようがないくらい、
拘っていました。





アルミカップの底には、リボンを固定するためもあり、
円形の取り扱い説明シールを貼ります。
しかし、これでは、きっと存在に気づかず、読まれないでしょう。
そのため、更に外箱の背面にも、貼る面に合わせたサイズの取り扱いシールを
貼り、灯しながらでも読んで頂けるような位置とデザインにします。





外箱の上面です。
箱の両脇にリボンを付けて、蓋の上で結びました。
箱を開ける前に、リボンを解くひと手間を与え
ご対面直前の、ドキドキ、わくわく時間を少しだけ伸ばしました。
リボンとラベルだけで非常にシンプルな構成ですが、
「抑制」されたデザインは、この時代に、
この民族には「らしい」のではないでしょうか。


Atelier PearlRoseのキャンドルレッスン



今週のくらしセンスアップ

イメージ
11月下旬から12月中旬まで4週にわたって
NHKニュース番組「いっと6けん」内の「今週のくらしセンスアップ」に
出演させて頂き、4種類計6作品のキャンドルの作り方をお伝えしました。
番組をご覧頂けなかった方に、こちらで内容を紹介したいと思います。

2分30秒のコーナーでは、身近な素材と道具で、いかに簡単に作るかが
私の課題でした。


「木の実のオブジェ」~秋の思い出をかたちに~
材料は、公園で拾った実物。紅葉でも楽しい。
そして、表情の出やすいワックスと精油でコーティングをします。
キャンドル作りとは違い、ワックスも精油の量も
ご自身の趣向と感性が決定権を持つ、自由度の高い作品です。
室内に自然を「おとりよせ」して、香りと共に楽しみたい。




「エメラルドキャンドル」~砕いて盛り付ける~ 
別名「リサイクルキャンドル」です。
自宅にある灯し終えたキャンドルや、
途中で飽きてしまったキャンドルをアレンジし
耐熱ガラス容器に盛りつけます。
クリスマスや特別な日に、新たな炎となって生まれ変わります。




蜜蝋で作る「アイスクリームキャンドル」
蜜蝋のマット質で暖かい色に惹かれ、生み出した2種類のキャンドル。
器選びから作品づくりが始まり、盛りつけは最高に楽しい。
ホイップすると、あの本物のアイスクリームそっくりな表情に
なってくれるのですから。




ジェルワックスで作る「カラフルキャンドル」
透明なワックスに不透明なカラーサンドを組み合わせたキャンドル。
材料の特徴を生かし、作り方はむしろシンプルに拘ります。
なぜなら、既に凝縮された華やかさが広がっているから。