パッケージづくり4

長らく注文を受け付けてはいませんが、
例外で、納期を伸ばして頂ける場合や、商品を私にお任せ頂ける場合は
承けさせて頂いています。
そして今日は、3週間近く前にご注文頂いた方へ、
完成品のラッピングにとりかかっています。

Candle wrapping


随分前に考案し制作し続けている、
とても人気のあるカヌレキャンドルです。
ラベルは当時作成したままのデザインを使用します。
リボンも当時のまま。色も太さも、その仕方も。
過去の私は、未来の私からダメだしのしようがないくらい、
拘っていました。

Candle wrapping

アルミカップの底には、リボンを固定するためもあり、
円形の取り扱い説明シールを貼ります。
しかし、これでは、きっと存在に気づかず、読まれないでしょう。
そのため、更に外箱の背面にも、貼る面に合わせたサイズの取り扱いシールを
貼り、灯しながらでも読んで頂けるような位置とデザインにします。

Candle wrapping

外箱の上面です。
箱の両脇にリボンを付けて、蓋の上で結びました。
箱を開ける前に、リボンを解くひと手間を与え
ご対面直前の、ドキドキ、わくわく時間を少しだけ伸ばしました。
リボンとラベルだけで非常にシンプルな構成ですが、
「抑制」されたデザインは、この時代に、
この民族には「らしい」のではないでしょうか。


Atelier PearlRoseのキャンドルレッスン



コメント

このブログの人気の投稿

小学5年生へ贈る手紙

沖縄にて、改めて思うこと

取り扱いカードから見えてくるもの