投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

鉛筆削り

イメージ
娘の色鉛筆を、セッセと削る。使用する本人の前で。

小さい頃は、父が錆びた肥後の守(ナイフ)で鉛筆を削ってくれた。
錆びていたから、削るのにとても時間がかかるが、
いつも恐く淡白な父が、丁寧なことをしてくれるな…と

私は、デッサンを長い間していたため、芯をどうしても長く尖らせてしまう。
長く尖らすから、削るのにとても時間がかかるが、
娘は、折らないように、丁寧に使ってくれているな…と

鉛筆削りは、機械やましてや自動で削りたくない。
便利さや早さを求めるだけでは、
時間をかけてくれた人の優しさに気付くことは、難しいから。