投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

コモレビ

イメージ
自邸は、早いもので竣工して3年になります。
商店街の一角に建ち、玄関は西側に向いています。
工房は、1年を通して自邸の中で一番涼しい環境であるよう、
1階の北側にあり、仕事に集中できるように、
商店街側(西側)に窓はありません。

ただ建築は、「街を形成する一部」という認識があるため、
地域や通行する人々との接点を得るわずかな部分である
この階段室の窓を設けました。
この西側に向く階段室の窓は1階から屋上まで(約10m)続き、
この窓から、ふと通行する人々の様子を眺め、時には目が合い、
また1日の陽の動きや気候を感じる、「交流の場」です。

ただ、午後以降になると、この「交流の場」から強烈な西日が入り、
特に夏は大変な暑さになることが悩みの種でした。

解決してくれたのは、ニーディックの生地「KOMOREBI」
無機質な商店街との間に、森が仲介人になり、
午後から緑色の光を浴びることができる。
この階段を上りながら森林浴を浴び、3階リビングに入れば、

その正面には同じ緑色の壁が待っている。
緑色は導線のように繋がり、やがて、屋上の空が広がる。