投稿

1月, 2005の投稿を表示しています

ボタン選び

イメージ
最近時間が空くと、よくボタン探しをしています。
母からの手作り服に、私がボタンを付けて完成です。
服と共に届いた、ボタンホール付きの小さい共布を 持って大型手芸店へ。
時には付ける服を着て行く時も。

店内には、沢山のボタンがありますが、なかなか 気に入ったものが見つかりません。
早くても1時間は かかるでしょうか。選ぶ時に大切にしている事は以下の6部門。
この難関を少しでも多くクリアしたボタンが、レジへ向かう事が出来ます。



1.輪郭…丸い形のボタンが多いのですが、多角形や変則的な形を選びたい。
2.表面のカット…表面が多角的に処理されたものなら光に反射して見た目も楽しい。
3.ベースの色…組み合せる服に幅を持たせたいので、付ける服と同色のものを選びたい。
4.模様…あまり気張っている模様を選んでしまうと、後々「なぜこれを?」と感じる時が…
5.穴の位置…糸を通す穴は、手前からは見えない方がいい…
 縫ったという行為が見えず、ボタンが作品として惹き立つから。
6.サイズ…こだわり以前にとても大切な部門。

ボタン選びは、完成した絵画に合わせ額を選ぶ作業にも似ています。
そして、絵画を額にはめて、壁に飾られた時はじめて生きた作品になるのですが、
まだボタンを縫い付けていない(出番を待ちわびた)服が、引き出しにたまってしまって…