投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

1本の糸

イメージ
今まで家族のマフラーを10本程の編んだでしょうか。
初めて編んだのは小学校4年生の頃。
その頃から編み方は全く進歩していません。

毎年1本はマフラーを編んでいましたが、
昨年の暮れに、素敵な毛糸を販売しているショップを見つけ
創作意欲に火が着きました。
この2ヶ月で3本目、今は娘の春用マフラーを編んでいます。

こちらのショップでは、糸は10グラム単位で量り売りされており、
何種類でも組み合わせて1玉に纏めて下さる。
また教室も開催しており、店員に、編み棒の号数、希望の長さ、
幅などを相談すると、必要な凡その量も計算して下さる。

こちらのショップ内で糸の豊富な種類や色彩、表情を眺めていると
「編む」以外でも、この個性を引き出したいと思えてきます。

また編む素材は毛糸である必要はないことにも気づき、
帰宅後、私の工房にある、沢山のリボンを眺め
コマ編みもしてみるのでした。
平坦なリボンが立体的になることで新たな陰影が生まれ、
思いがけず、キャンドルホルダーの素材としても
使用出来ることに気付きました。

今はとりあえず、娘のマフラーを編みます。
娘にもこの楽しさをいづれ知って欲しいと思います。

《AVRIL》公式サイト
https://www.avril-kyoto.com

母の手作りの服

イメージ
昨日届いた母親の手作りの服を改めて着てみる。
今年のお正月に実家に帰省し、
2時間かけてじっくりとパターンの打ち合わせをしたジャケットです。

私のリクエストは、
肩が隠れる程の大きな襟と、可能な限り大きいボタンを付けること。
いつも私なりの希望を出しますが、
作り手にとっては、不可能な案も多い。
届く服は、母なりの常識と現実性の範囲に収まって仕上がります。
着てみると、肩に乗る襟のラインから脇、身頃のラインが
緩やかな曲線で繋がり、美しい。
襟周りも、鎖骨まで縦にすっきりとあき、首が細く長く見えます。

制作中、併せる本人(私や娘)が傍に居ないので、
確認出来ないのが難しくさせる要因だと言う。
パターン(型)作りは、とにかく神経を使い、
裁断は緊張し、縫製では慎重に行い、
完成後も私からの感想を聞くまでは不安だと言う。
ですから、届いた時は、直ぐに電話をして感想を伝えます。

そしていつも届く服には、ボタンがついていません。
(昨日届いた服は、第一ボタンだけ参考としてついていました)
ボタンによって服の方向性が大きく決定づけられます。
そのボタンの選定と縫製は私が行い、本当の完成になります。
その最後の完成形を母はまだ知りません。

そのため、私も娘も、ボタンを付けた完成服を着て帰省します。
母にとって服作りは、この日が最も待ち望んだ楽しい日であり、
本当の完成日になるのでしょう。

雪かきの思い出

イメージ
昨日は首都にとっては大雪
自邸は、商店街の角地にあり多くの人通りがある。

雪が小降りになったころ、主人が道路の雪かきを始めた
ソテツの枝葉にのった雪も降ろして、
雪よけ用のシートも被せていた
そして暗くなった2時間後、濡れた体をふるわせて戻ってきた。

主人と私がまだ結婚していない15年以上まえ、
主人のアパートの2階で同棲を始めた頃を思い出した。

その時も大雪、晴れた翌朝、起きると主人がいない。
暫くすると、体をふるわせて戻ってきた。

このアパートの階段は外にあり、屋根がなく狭い。
主人は、私が階段から滑り落ちないように、
雪を降ろしてきてくれた。

当時、私はデザイナーを辞めて、アパートにこもり
キャンドル制作をするか、マウスを動かしMACの画面を見つめる日々。
殆ど外に出ない私のために、早朝から汗を流し、
そのまま会社へ出かけて行った。

この時、
この人以上に私を大切にしてくれる人には出会えないだろう
と思った。