投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

炎にまつわる物語

山口洋子さんの逝去を知り
久しぶりに読み返してみたくなりました。

2007年、ガスエネルギー新聞発行の
「炎のDNA」癒し・対話・鼓舞

ここには、各界で活動される著名人が
「炎」にまつわる思い出を2頁に集約して綴っている。
仕事にまつわる知識から炎とリンクした内容が多い中、
一際魅力に富んだ思い出を綴ったのが、
山口洋子さんの記事でした。

そこには、炎の一般的な魅力を綴った周知な内容はなく、
自身の思い出の背景には、常に炎があったという設定でした。

「暖かな炎は『悔恨』をも灰にして……」より
最後のパラグラフを掲載させて頂きます。

「火遊び。何度も経験してきた。甘美で残酷な思い出は、
幾層にも私の心に積み重なっている。しかし、火遊びの
季節は遠く去り、私の背中ではストーブの炎があがっている。
穏やかな火の暖かさに身を委ねることが、これほどに心地よい
ものなのか。初めて知る火のうれしさは、胸の内に
わずかに残る悔恨をも灰にしながら、私をそっとハグして
いるような気がするのである。」

ご冥福をお祈りいたします。

ガスエネルギー新聞発行「炎のDNA」