投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

写真の撮り方3

イメージ
私は、レフ板などの撮影小物は殆ど使用しません。
必要とする時は、撮影環境や条件が悪い時が多く、
作為的にならざるをえない時に登場します。

撮影する室内には、大きな窓もなく、全体的に明るくありません。
(まるでフェルメールの絵画の趣きに近づきます)
しかし、東西に各1つある小窓によって、光のラインが分かり易く、
遠く反対側(東)にある窓から入る微かな光によって、
強烈な影を柔らかくぼかしてくれるのです。

今回は、試写体の暖かみを伝えたく、
夕暮れの光が差し込む窓にクリーム色のカーテンをして、
光影のコントラストを抑えました。
ですから、使用した撮影小物はカーテンですね。

窓の大きさにしろ、カーテンの色もしかり、壁もオレンジ色です。
目的の1枚を撮るための、絶好のロケーションであったことは、
伝えておきましょう。

ところで、この部屋は現在5歳になる娘の部屋で、
まだ娘は使用していません。
いつまで貸してくれるのかが、不安なこの頃です。
レッスンNo.1第3回より
(このレッスンは終了しました)



Atelier PearlRose 手作りキャンドル教室

写真の撮り方2(光や影について)

イメージ
梅雨の貴重な晴れ間、大急ぎで撮影をしました。
強い午後の日差しと逆光のセッティングは、
キャンドルの透明性を引き出たせます。

ところで、白色(光)が第一印象になるこの写真。
色が、形や面として空間に馴染んでいるのなら、
決して白く飛んでいないと感じています。

昔、絵を描いていた頃、
「影の黒は、どんなに黒くても、真っ黒であってはいけない、
黒の中にも形や存在がなければならない」と教えられたものです。
白(光)も同様だと感じています。

レッスンNo.1第2回より
(このレッスンは終了しました)




Atelier PearlRose 手作りキャンドル教室

写真の撮り方1

イメージ
私が求めている写実表現は、
目の前にあるものを、ただ撮ることではありません。

光の質感と、写すことが出来ない空気や匂いや音を
伝えることです。

レッスンNo.1第1回より
(このレッスンは終了しました)



Atelier PearlRose 手作りキャンドル教室