投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

最後の仕事

2,3年前(から)のことでしょうか…、
離れて暮らす、仕事を止めて1日中退屈をしている父に、
自分自身のことを書くように勧めました。

最初に伝えましたのは、
母からの電話で父が病気になったことを知った時です。
自伝でも自叙伝でもなく、今迄生きてきた中で
「最も大切にしてきたこと」を綴ること、を。

父は昭和6年生まれです。
時代背景と自分自身の状況を思い出しながら、
感じたこと、考えたこと、大切にしてきた想いの書は、
世界でひとつしかありませんから、そのものが貴重です。
文字という限られた表現要素を並べながら、
自分の人生を振り返ることも、一定の納得が得られ、
自分自身にとっても、その作業は重要ではないでしょうか。

その後も2,3回は実家へ帰省するたびにペンを取るように
勧めましたが、少しずつ病気は進行して…
その後、父は本当に書いてくれたのだろうか…と、
確認することさえ、もうしなくなりました。

しかし、私自身は文字としての記録を残すことを
すっかり止めていたことに気付き、
暫く休んでいたブログをまた綴ろうと思いました。
自分自身のために。