最も美しいおもちゃとは

夏の終わりのある休日、家族と一緒に緑豊かな公園へ行きました。
体全体に響いてくる蝉の合唱と、頭から降り注ぐ木漏れ日、
深く冷たい空気に囲まれて歩いた、長く大きな並木道。
その大木の足元には、沢山の松ぼっくりが落ちていました。

薄暗く湿った場所に転がる、この見慣れたデザインは、
フィボナッチ数列(=黄金比)の比率であり、
凝縮された美しい模様と輪郭で出来ている。
芸術はいつの時代も、自然を観察し、そこから学び、数値に置き換え、
模倣してきました。

この最も美しい作品を、娘のおママごとのおもちゃにしようと、
皆で拾いました。
帰路は、太陽に群がる雲の隙間から光が放射状に降りてくる光景を背にして。

松ぼっくり

コメント

このブログの人気の投稿

小学5年生へ贈る手紙

沖縄にて、改めて思うこと

取り扱いカードから見えてくるもの