チョコレートの栄養菓子づくり

年に一度のチョコレートが食べたいこの旬な時期に、私の興味と行動が偶然重なることも少ないため、 現在キッチンで拘っている私のレシピを記録します、忘れっぽい未来の私自身のために。 こちらは、「嗜好品にも栄養を」と望んだ家族向けの現在進行形の試行錯誤レシピです。 

※まず材料を選ぶ際に大切にしたいことを以下に。
  1. 体の成分に大切な役割であるたんぱく質(ここでは大豆)を多く取り入れる。
  2. 体が冷えやすい、疲れやすい、太りやすい砂糖の比率を可能な限り減らす。
  3. 食感を多様化する(サクサク、コリコリなど)
  4. 食物繊維、鉄分、ビタミンCもしっかり摂る。 
  5. チョコレート(砂糖、脂質)を最小限にした甘さを求める。
  6. (栄養面を考慮した考えのもと)可能な限り日本製や有機を選ぶ。
  7. 加工品や既に混ぜ合わせた市販品ではなく、限りなく原料を選ぶ。
  8. 食品表示をみて「余計なもの※、こと」がないものを可能な限り選ぶ。
※「余計なもの」とは、着色料(赤色2号、104号、106号、コチニール色素など)、保存料(ソルビン酸K)、甘味料、カラメル色素、砂糖が入っているもの。

《補足》家族にスポーツをしている娘がいますが、運動後の疲れた体には、タンパク質+糖質を同時補給することが素早いリカバリーに繋がります。 このレシピもその点を意識しています。



【材料】(60個分=1日に4個×3人分で5日分有り)
  • チョコレート:250g 写真上は非掲載。製菓用ブロックチョコレート使用。
  • リンゴ※:1個 
  • シナモン:二振り程
  • かぼちゃの種:60個
  • 以下すべてカレースプーン:中盛り2杯
    • アーモンド(細かく刻む)
    • くるみ(細かく刻む)
    • レーズン(オイルコーティングなし※、粒をほぐす) 
    • 大豆粉 
    • オートミール
    • ピュアココア
    • ココナッツパウダー
※リンゴ:リンゴのサクサクとした食感と、さらに皮まで取り入れ、カリウム、ビタミンE、ポリフェノールを豊富に摂る。

※オイルコーティングしたレーズンを使用する場合は、お湯50°で90秒洗うと酸化した油が落ちる。

《補足》材料は他にさつまいも、オレンジの皮、スパイスはジンジャー、カルダモンにも挑戦したいところですが、種類を多く入れ過ぎると、方向性がボヤけ個性を失うため、品数は一定数に加減します。 


【道具】
  • 湯煎(大小の鍋)
  • カレースプーン(先端が角張った形状):かき混ぜる作業は全てこのカレースプーン1本で行いますが、材料を加えるほど力が必要になるため、カレースプーンは頑丈なものを。
  • ティースプーン(先端が角張った形状) :混ぜた具材を、小さなアルミカップに入れやすいように、先端が尖っていることが必須。 スプーンの表裏にへばり付くチョコレートをこそげ落とすために2本が必要。
  • アルミホイルカップ3号 60枚程


【作り方】

1.アーモンド、くるみは、包丁で細かく刻む。

2.リンゴは皮つきのまま細かく刻む。種は毒性のため取り除く。美味しさ、時短を求める以上に、捨てるものを最小限にして、個々が必要としている栄養を追求することは、料理をするうえで最優先課題です。


3.湯煎でチョコレートを溶かし、リンゴ以外の全ての材料を入れてしっかり混ぜ、最後にリンゴを入れたら手早く全体に混ぜ合わせる。 

4.2本のスプーンを使用してアルミホイルカップに詰め、最後にかぼちゃの種を中央に乗せる。

5.3時間ほど冷蔵庫に入れると固まる。


【参考文献】
『その調理、9割の栄養捨ててます!』(世界文化社)
『農薬・添加物は「ここで毒消し!」』著書・増尾清(ぶんか社)
『食べて健康になる決定版「50℃洗い」と「70℃蒸し」』監修・平山一政(主婦の友社)

コメント